本文へスキップ

札幌市民との信頼と誠実を貫く

活動報告report

地域の声を市政へ反映、豊平区を住み良い街へ!!

地域の皆様のご理解とご協力のおかげで、今年もこれからの課題を解決へと導き、札幌市民の生活向上に大きく寄与することができました。
心より感謝とお礼を申し上げます。

札幌市・豊平区の地域課題に
     果敢に挑戦し、解決した近藤議員

1.月寒水源池通(月寒中央通7丁目)ごみ屋敷、解決


月寒水源池通のごみ屋敷は、放火・環境衛生上・景観の観点から、地域の皆さまが1日も早い解決を熱望していました。4年前より冷蔵庫・洗濯機等、大小のごみが通勤途中などに車輌を止めて不法投棄されるようになり、ごみ山となって悪臭が漂うまるで無法地帯でした。近藤議員は、本庁環境局不法投棄対策課と何度も解決の会議を開催した結果、近隣の町内会の協力をいただき、平成27年5月18日ごみ屋敷が更地となり全面解決しました。最後まで諦めないで全力投球!。













2.月寒公民館(月寒中央通7丁目)…舞台照明増設と音響機器改修

 近藤議員に月寒地区町内会より@改装された舞台照明が暗いA音響機器が古いため音が割れるとの苦情がありました。所管する教育委員会と交渉し、予算を付けて昨年10月下旬に照明増設工事完了。併せて音響機器を数年かけて更新工事を実施します。










3.月寒小学校(月寒西2条5丁目)外壁工事完了

 月寒神社東側に位置する月寒小学校の外壁は、長い年月で塗装が剥がれた状態です。教育委員会からの予算計上により、工事は平成27年7月6日〜11月13日まで実施。きれいに完了しました。









4.月寒六区町内会(月寒西1条・月寒中央通)…指導の舗装工事

活動報告写真月寒六区町内会(鎌倉伯男会長)より生活道路が凸凹で日常生活に支障があり、なんとか解決してほしいと要望がありました。近藤議員が豊平区土木部に粘り強く交渉した結果、月寒西7丁目3号線〜月寒西1条2丁目線の道路舗装工事を実施しました。平成27年12月12日完了。残りは28年度予算で工事完結します。







5.平岸中央商店街は平岸の安全を守る
     防犯カメラを14台設置しました

地域の犯罪抑止と安全対策を強力推進
 近藤議員は、平岸中央商店街顧問で、市内商店街の活性化に全力投球しています。現在、経済常任委員会委員、商店街担当議員を務めています。
商店街は、地域コミュニティーの担い手であり、地域住民が「安全・安心」に生活できる
環境の維持に大きく貢献しています。札幌市の「商店街まちづくり事業」として、市議会で市長に提言、実行を求め国の補助金をいただき、平岸ハイヤー(平岸2条5丁目)からカンエイ平岸中央パーキング(平岸3条7丁目)までの区間に防犯カメラ14台を設置完了しました。


6.美園幹事用通(美園11条7丁目)…歩道の樹木剪定作業完了

美園地区にお住いの方より、歩道上の樹木の枝が自宅の壁にかかり迷惑していると近藤事務所に苦情がありました。早速、現場写真を撮り、豊平区土木部に交渉した結果、平成27年11月中旬に剪定が完了しました。












7.月寒公園(美園12条8丁目・月寒西)

事業費26億円かけて大整備工事中…完成29年度
 近藤議員は、議員初当選(平成11年4月)後の代表質問で、市長に対し「50年経った月寒公園は、市民の憩いの場にふさわしい公園にすべき」と求め、再整備事業が23億円の予算で決定しました。平成28年度は@坂下野球場周辺A野球場整備B管理事務所Cボート池周辺D園路・子ども水遊び場等を工事します。併せて「緊急貯水槽・災害発生時坂下駐車場」に貯水槽100トンの飲料水を保管できる地域の安全・安心の暮らしを守る工事実施。
予算は当初23億円から26億円に増額しました。粘り強く市長に交渉した結果です。


8.近藤議員は、平岸地区(平岸2条2丁目)に、特別養護老人ホーム(入所定員80人) 新設決定!(工事着工28年6月・完成29年7月)

近藤議員の重要な政策の1つに「福祉・医療・介護」を掲げています。「人生の先輩を心より大切にする」「政治は市民のためにある」を合言葉に日々365日ブレずに行動力を発揮し、札幌市と地域の架け橋となり命懸けで札幌市に求めてまいりました。
特別養護老人ホームの入所申込者の状況
(平成27年6月末現在)4,555人

































9.地下鉄南平岸駅前(平岸3条13丁目・平岸4条13丁目)
歩道上の放置自転車を駐輪場増設により解決

近藤議員は、市長に強く提言して地下鉄南平岸駅高架下の市所有地を整備して、自転車駐輪場を増設し、平成27年5月に完成しました。併せて南平岸駅耐震化工事は、9億円かけて平成27年3月に完了しています。駐輪場は100台〜110台使用可能になり、ローソン前、マックスバリュ南側の放置自転車は7年がかりで解決しました。これにより歩行者、特に障がい者・子ども・女性・お年寄りは安心してスーパーへの買い物はもちろん、南平岸駅なども利用しやすくなりました。















10.中の島小学校(中の島2条1丁目)改築工事着工決定
全道一の学校誕生!完成は平成29年7月

近藤議員は、校舎改築検討委員会委員です。札幌市の小・中学校の耐震化率100%達成するため、市長をはじめ教育長に強く求め、命懸けで行動してまいりました。中の島小学校は、建築後50年が経過し、大地震から「大切な子どもの命を守る」「学校は災害発生時地域住民の避難場所」という観点から、改築工事計画が進められています。新しい教室と新体育館は中の島小グラウンドに建築します。














改築工事 着工 平成28年6月
完成平成29年7月

体育館内包型校舎について


校舎・体育館を1棟としてコンパクトにまとめることで外装面積を縮減、外断熱工法の採用などにより暖かい体育館をつくります。廊下やワークスペースに面した吹き抜け上部には、ハイサイドライトを設け、自然換気ルートの確保、夏季のナイトパージ、積雪時も含めた積極的な自然採光の確保を行ないます。行き止まりのない、動線、体育館や吹き抜けを介した「見る」「見られる」の関係をつくる構成で、多角的に「まなびのシーン」を垣間見せ、子どもの好奇心・探究心を引き出す校舎をつくります。
巡る動線と屋内広場・吹き抜けによる多角的な視線、「デン」(小部屋)の配置などにより、日々の何気ない場がクラス・学年を超えたコミュニケーションスポットとなります。


















11.児童養護施設(北区新琴似4条9丁目1-1)

近藤議員は、児童養護施設興正学園の建て替えを3年がかりで市長をはじめ、子ども未来局、児童相談所長、財政局長のもとに何度も足を運び、札幌市から多額の補助金をいただき、建て替えが実現しました。当施設は昭和53に建築され、37年の歳月を経過し、施設の老朽化が大きな課題となっていました。
児童養護施設「新琴似興正こども家庭支援センター」は、親の虐待(入居者の7割)、離婚等で親元から離れている大切な子どもたちを、ある時は、父・母・兄・姉のように施設長をはじめ、職員の皆さまが365日、親身になって日々の生活を教育、指導する施設です。
新園は、36人の子どもたちがそれぞれ独立した形で生活できる、プライバシーを大切にするよう配慮されている建物です。完成が待ち遠しく、子どもたちの「笑顔」が楽しみ!


平成27年10月着工
平成28年完成予定

contents

こんどう和雄政務調査室

〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条9丁目10-7

TEL 011-818-3615
FAX 011-818-3319